一軒家を売るとき依頼するのは買取業者?仲介業者?

一軒家などの不動産を売却する方法は「買取」と「仲介」の2種類

一軒家の家を売却するとき、不動産会社が対応してくれますが
「買取」と「仲介」で売却方法は全く別物です。

 

「買取」と「仲介」について詳しいことは後述しますが、
一軒家を売却する時には「一括査定サイト」が便利です!
(※もちろん「買取」「仲介」の両方に対応しています)
一回の入力で複数の不動産会社から査定をもらえる一括査定サイトですが、
有名どころを集めて比べてみて、ランキング形式で紹介しています!

 

「買取」は不動産会社が一軒家を直接買取ってくれる

不動産会社があなたの一軒家を直接買取ってくれます。
買い手を見つける手間が省ける分、スピーディーな売却が可能となり、
仲介手数料が発生することはありません。

 

  • 買い手:不動産会社
  • 広告宣伝:なし
  • 仲介手数料 :なし
  • 売却時期:即時(早くて2週間、遅くて1ヶ月)

 

 

 

「仲介」は不動産会社が一軒家を買ってくれる人を探してくれる

不動産会社にあなたの一軒家の売却を依頼し、
不動産会社独自のネットワーク・広告・販売促進を駆使して買い手を探します。
成約時には国が定めた仲介手数料が発生します。

 

  • 買い手:探して見つける
  • 広告宣伝:あり
  • 仲介手数料 :あり
  • 売却時期:見つかり次第
  • (3カ月〜6カ月程度)

 

 

「買取」と「仲介」|比べるポイント

比較してみると「仲介」よりも「買取」を選んだほうが良さそうに感じますが、
1つ大事なポイントが含まれていません。気付きましたか?

 

大事なポイントとは「売却金額」

いくらで売れるのか「売却金額」が「買取」と「仲介」では変わってくるのです。

 

結論から申し上げると、「仲介」より「買取」の方が、金額は低くなる傾向にあります。
理由は不動産会社の利益構造を考えると納得しやすいと思います。

 

「仲介」の場合は、仲介手数料が発生しますので、不動産会社はこれを利益にすることができます。
しかし、「買取」の場合では、仲介手数料が存在しませんので、不動産会社は利益を得ていない状態となります。

 

買取る立場(不動産会社)の利益はどのようにして発生するのか?

では、「買取」では不動産会社がどのようにして利益を得ているのかと言うと、
不動産会社は購入した一軒家(不動産)を、リフォームしたり建替えたりして不動産としての価値を上げます。
そして、再び販売活動を行い、売却した金額から、売却までに掛かった経費(不動産の買取金額、リフォーム代金、広告費用etc)を差し引いた金額が利益となります。
仲介と比べると、個人ではお金がかかる難しいことをおこなった分、利益が得られるといったことになるわけです。
(この他にも賃貸物件の場合、収益を生み出す物件として家賃収入を目的にした不動産買取もあります)

 

 

ただし、買い手が見つからない場合や、掛かった費用よりも安い金額で交渉されるなどの都合の悪いケースも考えられるので、不動産会社が抱えるリスクは大きいです。この為、不動産会社が買取る場合は、どうしてもやや低めの買取金額に設定する必要があります。

 

 

 

例えば、不動産会社が一軒家の家を3,000万円で買取り、リフォームと広告費に1,000万円を掛けたとしましょう。
合計4,000万円のマイナスですが、不動産会社がこの一軒家を5,000万円で販売すると、1,000万円の利益が出るということです。

 

 

 

「買取」と「仲介」|結局どちらを選ぶべき?

一軒家などの不動産を売却方法である「買取」と「仲介」について
それぞれの違いを分かってもらえたかと思いますが、
それでは「どちらを選ぶのがいいんだろう?」という疑問が出てきます。

 

「買取」か「仲介」か。選ぶときのポイントとは

選ぶ基準として「何を重視するか?」を考えていただければ、
自然に決まってきます。
下記の中から重視することを思い浮かべながら、1つだけ番号を選択してください。

 

  1. 時間がかかっても、高値で売りたい
  2. 早期に売却し、現金化したい
  3. 近所の人に売却を知られたくない
  4. 可能な限り諸経費(支出)を減らしたい
  5. 手間や労力をかけずに売却したい
  6. 瑕疵担保責任は負いたくない

 

「1」を選んだ人は「仲介」がおすすめです。

相場を理解したうえで、長期間を見据え(3か月から6か月)、
高い金額で売却できるように頑張ってください!

 

まずは「相場の確認」をして、優良な不動産会社を見つけましょう!

 

 

 

 

「2〜6」を選んだ人は「買取」がおすすめです。

面倒な手続きは抜きにして、早期に売却したい方におすすめです。
仲介よりも売却金額は低くなる可能性がありますが、
できるだけ高い値段で売れるように頑張ってください!

 

まずは「相場の確認」をして、優良な不動産会社を見つけましょう!

 

 

さいごに:一括査定サイト注意事項まとめ

買取業者に一軒家の査定を出す時に、
簡単なので一つの会社だけに任せてしまいそうですが、そうしてはいけません。
どうしてかというと別の業者を利用していれば高く売れていた可能性が高いと推測されるからです。
近頃ではインターネット上のサービスを使って
いろいろな会社から一括で見積もりを提示させることが可能です。
少々手間はかかるでしょうが、やはり一軒家を大手の不動産業者で買おうとする場合、
今運用している一軒家の売却を不動産会社へ依頼するというやり方もありますよね。
しかし、業者に売却してもらってしまうと、得にならないことがほとんどでしょう。
不動産事業者は一軒家の販売がメインですから、
売却の価格を高くしてしまうと、それだけ儲けが減ってしまいます。

 

一軒家やマンションなどの不動産の買取ではトラブルが発生することも多く、
ネットの査定と実際の査定の価格が、大きく異なるというのはもはや日常茶飯事と考えるべきでしょう。
買取額が出た後に何らかの理由をつけて買取額を低く修正されることも珍しくないです。
一軒家を引き渡したにも拘らずお金が振り込まれない事例もあります。
高額査定を思わせる質の悪い業者には気を付けるようにしましょう。
また、買取を依頼してこちらに招いた場合でも、
必ずしも不動産の売買契約を結ぶ必要はないのです。
買取価格に不満があれば拒否することもできるのです。
一軒家買取の一部の業者は、一軒家を売るまで帰らなかったり、
訪問費用や査定費用などを請求する場合もあるので、注意を怠らないでください。
あらかじめ口コミを確認してから業者への訪問査定を依頼するといいでしょう。